2024年2月20日火曜日

『剣客商売三 陽炎の男』(池波正太郎)読みました。

       

前回予告した通りマイブーム本になりました。
(予告通りこの一文↑は、コピペしました)
そして前回通り轍は踏まずに閑話休題と。

うろ覚えだったから検索かけてみたら、
やっぱありました。
江戸時代の俳句の人・小林一茶さんのこと。
「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」
とかは知っていたけど、
日記みたいなものも残しているんだとか。

そこに、子づくりに励んだ回数が書かれていて、
なんとまあ50代半ばにして
一晩に5回もこなしていたそうな。

ほへー元気もりもりじゃんと思っていたら、
それと正反対のことを
同じ江戸時代の人が言ってたなあと、
これまたうろ覚えだったので検索かけてみたら、
それもありました。ネットすごい。

本草学者、儒学者ってあるけど
お医者さんのようなもんでしょ、貝原益軒さん。

『養生訓』って聞いたことがあるような
ないような書物の中で、
健康のためにはあまりこなさぬほうがよく、
1回いたす間隔を、20歳で4日、30歳で8日、
40歳で16日、50歳で20日にして、
60歳でやめにするのが
おすすめみたいに言ってるらしく。
ま、人それぞれなんでしょうけどね。

で、この『剣客商売三 陽炎の男』。

主人公の秋山小兵衛は
60歳で20歳の女子と結婚し、
元気もりもりしてます。面白いです。

**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2024年2月14日水曜日

『剣客商売二 辻斬り』(池波正太郎)読みました。

      

今回は前に予告した通りマイブーム本になりました。
どうやらこの次も、
間にほかの作品(前回登場の2冊のうちいずれか)が
入ることなくシリーズ3巻目が続く予感がしてます。

そうなると、
ここの冒頭の1文をコピペして書き出せばいいなと、
ぼく内1割のライフハックくんと
9割の小心くんが珍しく同調してます。
と、前回の轍を踏まぬよう前置きはこれくらいで…。

さて、業務上やり取りするメール文や
仕事でやっているフォーマルな記事なぞは別にして、
この感想文もどきのような
おのれさらけ出し系のテキストでは、
読んだ本の影響を受けて文体が変化するように思います。

到底その域には達していないのですが、
最近のぼくの文体は、町田康さんの、
修飾の言葉がずらずらと続いて1文が長く、
長いけれども、読みにくくはなくって、
そこで言いたかったのだろう要点よりも、
比喩で示したあれそれのほうが
ずしんと頭に残っているみたいなものに、
意図せず流れていっているようです。

で、この『剣客商売二 辻斬り』。

読まずにページを眺めるだけでわかる池波さんの文体。
もうじき、この感想文もどきも
町田→池波へ文体変化ような気がします。

**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2024年2月8日木曜日

『黛家の兄弟』(砂原浩太朗)読みました。

     

たぶんこの次回の、
つまりはこの上に表示されるだろう
感想文もどきには、
池波正太郎さんの剣客商売シリーズの
2巻目がくると思います。

(並行読みしているほかの本が、
 予想より短時間で読了しないことが前提。
 同時に進めている2冊のうち1冊は、
 出版年が少し古く文字が小さいので、
 今どきの書籍と比べて見た目で1・5倍ほど
 文字量が多いから、最終ページまで行き着くには、
 まだかなり時間がかかるはず。

 もう1冊は内容的にどうも好みに合わず、
 それなら読むのやめればいいのにと、
 ライフハックを重んじる
 胸中の片隅にいるもう一人のぼくが、
 しきりに呼びかけるのですが、
 それだとせっかくこの本をつくった人に
 申し訳ない気がするし、そういうことすると
 自分のつくった作品も
 同じようにムゲに扱われるだろう
 因果応報的なしっぺ返し技を受けるからイヤだと、
 片隅ではない胸中占有率90%の小心者のぼくが、
 途中棄権をかたくなに拒むので、
 必然的に読む速度は遅くなり、
 この紙面への登場もまだ先になるので。

 …って、またカッコ括りのテキストを
 こんなに長く書いちゃった)

えーと、なんだったけ?
あ、そうそう。
池波さんの剣客シリーズのこと。

それが今マイブームになってて、
どこがいいんだろうかと考えてみたら、
いきつくところは
ユーモアなんじゃないかと思い至りまして。
滑稽さというか、楽しさというか、
何回ニヤニヤ笑いできるかというか。

で、この『黛家の兄弟』。

面白かったです。
だけど、ニンマリ回数はゼロでした。

**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2024年2月6日火曜日

『屍人荘の殺人』(今村昌弘)読みました。

    

犯人を追っている刑事が、
走っている車の前にいきなり飛び出し
警察手帳をかざして急停車させ、
何事かとびっくりしている
善良そうなおじさんを
引きずり下すようにして、
自分が運転席に乗り込み、
逃げている悪人を猛追跡
──みたいなシーンは
アクション物のドラマや映画にはよくあって、
ぽかんと口を開けた
車の持ち主であるおじさんが一人、
道端に取り残される。

たしか伊坂幸太郎さんがエッセイの中で、
おじさんのその後が気になって仕方ない
と書いてました。

なんの映画か忘れましたが、
やはり気の弱そうな小太りのおじさんが、
縦列駐車したいらしく、
でも空いているスペースは狭くてぎりぎりで、
自分の車がそこに入るかどうか不安らしく
一旦脇にとめて、歩幅かなんかで長さを図りつつ
「どうかな、入るかな」と頭を捻っているところに、

ドライブテクニック抜群の主人公が、
横道からドリフトで横滑りさせたまま
すっぽりとそのぎりぎり狭い駐車スペースに
スポーツカーを停車させるって場面もありました。

あれはジャッキー・チェンの映画だったかな。違うかな。

ぼくもそれ見たとき、
カーアクションがすごいと感心しながらも、
そのあと発生するだろう小太りのおじさんの
駐車問題を悩ましく感じたのでした。

で、この『屍人荘の殺人』。

最初に出てくる学生探偵に
上記2人のおじさん的命運が重なってしまいました。
そんでも!面白かったです。
今年最初の5つ星。

**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2024年2月1日木曜日

『グラーフ・ツェッペリン あの夏の飛行船』(高野史緒)読みました。

   

もう何十年もの昔になる、
高校卒業を記念してクラスで行った卒業旅行。

おっきな貸別荘に大勢で詰めかけ、
どんちゃん騒ぎをしたってことは
おぼろげな記憶にあります。

そのとき男女ペアになって
夜道の先にあるチェックポイントまで
行って戻ってくるという肝だめしゲームを
やったらしいんです。

ぼくは、そんなのまったく忘れていたんですが、
数年前に同窓会にきていた女子から、
あのときにペアになったでしょと言われ、
どうあがいてもその情景が心に浮かんでこないので、
素直に「頭が悪くてごめんなさい」と謝りました。

人並みの記憶力を持っていないことは、
とうの昔から自覚しているので、
それはとくに驚くことではありません。

びっくりしたのは、その後再びあった同窓会で、
かの女子が教えてくれた肝だめし話の続編でした。

彼女が昔のクラス仲間と、
卒業旅行の思い出を語っていたら、別の女子が
「私、肝だめしゲームで、きくち君(ぼく)とペアだった」
と言ったそうなんです。

レクリエーションメニューはほかにもたくさんあり、
肝だめしは1度だけだったはずなのに、
どうしてぼくは2人も相手がいたのでしょう。
どっちも脳内情報には保存されていないんですけどね。

で、この『グラーフ・ツェッペリン あの夏の飛行船』。

パラレルワールドのお話でした。
肝だめしもパラレル世界の現象なのかな。

**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2024年1月30日火曜日

『ナイフをひねれば』(アンソニー・ホロヴィッツ)読みました。

  

前回の『剣客商売』の感想文もどきでは、
時間の認識力(というほど高尚ではありませんが)
みたいなのがテーマのようになっちゃいましたが、
じつは書き始める前に考えていた内容とは、
ぜんぜん違ってるんです。

最初、書こうと思ったのは、その中に出てくる
久々に会った旧友との飲み会での話題なのでした。

「いろんな本を読んでるみたいだけど、
 本当に好きなのはどんなジャンル?」
って感じの質問をされて、ぼくが
「ジャンルはなんでもいいんだけど、
 とにかく楽しいのが好き」
と答えた。

前回文章は、そこからひっぱっていって、
『剣客商売』は楽しい本でした、
で締めようとしていたんです。

ほら、こんな短い文字数で終わっちゃうでしょ。

そんなんだから
キーボードをぺこぺこ打ち出す前に、頭の中に
「その流れはいいけれど、
 そこに何か付け足さないと、短すぎるぞ。
 内容は薄っぺらで質的にどうしょうもないのに
 量まで少ないんかい。それでいいのか」
って、どっかから戒めの声が聞こえてきて、

ほんじゃあってことで、
時間の認識力的なあほ話を乗っけたら、
それだけで終わっちゃったんです。

で、この『ナイフをひねれば』。

楽しかったです。
でも楽しさ値は前2作のほうが高いです。

**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2024年1月23日火曜日

『剣客商売1』(池波正太郎)読みました。

 

昔々の思い出なんかは覚えていて、
最近の出来事になると忘れてしまうってのは、
年寄りになればなるほどよく見られる認知機能の
ぎくしゃく現象らしいですね。

もちろん、
サザエさんのお父さんの波平さんより6才も
年上のぼくなので、その脳みそぎくぎく状態は
多分にあるんですけれど
(というか、昔とか今とかにはかかわらず
 記憶力そのものが軟弱ですが)
それに加えて最近気になっているのが、
覚えているエピソードがいつだったのか、
そのイベント発生時から現在までの期間が、
どうにもあやふやになっていること。

時間の認識力っていえばいいでしょうか。

あの久々に会った友だちと2人で飲んだのは
いつだったか、頭の中がごちゃごちゃしてたり。
たしかあのときは、マスクもしてなくて、
コロナ前だったはずと思い込み、
だとすれば、もう4、5年はたってる。
ほーほそんなになるかと一度は納得し、

それでも、いや待てよと、
待ち合わせ場所とかをやりとりするメールが
残っているかもとメーラーを検索してみたら、
ありましたありました。

あれ? 2022年5月じゃん。
つーことはまだ2年もたってない。
でもぉ…。

それってたぶん、
もしメーラーの日付が2010年とか相当前でも
「ふーん、そんなになるんだ…」
と受け入れてしまうんだろうな。

で、この『剣客商売』。

鬼平で池波さんにはまったのは
2、3年前だと思ってたけど、
既読リストたぐってみたら約15年前でした。
そんなにたっても、本の好みは変わっていないようで、
また、マイブームが始まりそうです。

**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2024年1月16日火曜日

『渇きの街』(北方謙三)読みました。


オマージュっていうんでしたか。
付け焼き刃的に覚えてる「換骨奪胎」
っていう四字熟語でもいいのかな。

世に出てる既存の作品に影響を受け、
その筋や構成なんかを引き継ぎながら、
自分なりの物語とかをつくること。

印象に残っているのは、
『呪われた街』(スティーヴン・キング)の
オマージュで、小野不由美さんが書いた『屍鬼』。

たしか小野さんのほうを先に読んで、
強烈に引き込まれ、そのあとで、
元になってるのがキング作品だと知り、
期待で鼻の穴全開にして目を通してみたら、

それなりに面白かったものの、
ひねくれたぼくのお眼鏡は
「かなう」とは言ってくれず、

オマージュって
オリジナルを超えちゃうこともあるんだ
と知りました。

で、この『渇きの街』。

北方作品は2冊目。
この話は1冊目に読んだ『檻』の
オマージュなのかなと思ったり。
でも「かなう」の声が聞こえたのは1冊目でした。

**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2024年1月10日水曜日

『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』(奥野克巳)読みました。


なんとなく気づいてはいたのですが、
娯楽小説の分野でぼくが読む本の多くは、
宝島社の『このミステリーがすごい!』が
やっている人気投票ランキングで
上位入選した作品とかぶってます。

意識してベストテンものを選んでいるわけじゃなく、
その上位陣はどうしても話題作になり、
どっかで書評なり紹介なりを目にする機会が多いので、
チラ見したあらすじ文章またはおすすめ惹句に、
ふらふらと乗せられてついつい書店の棚から抜き
会計レジに運んでしまうから。

なにしろ、これまで『このミス』は
1冊も購入したことはなかったし、
平台にあんなに山積みされているのに
立ち読みどころか
手にとって見ることもありませんでした。

その心は、
ランクづけとかいって優劣を競うのが、
どうも好きになれず、
あえて避けて通っていたという
つむじ曲がりの脳みそにあります。

でもね。
今回の2024年版は買っちゃいました。
その脳内構造にピリピリくる
「思想信条上、僕はランキング、ダメなんですよね」
って題のインタビュー記事が載ってたんですもの。

で、この『ありがとうも(長いので以下略)』。

この本に出てくる森の民たちも
ランキングには興味を示さないだろうな
と思いながら読了。面白かった。

**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2023年12月27日水曜日

『鵼の碑』(京極夏彦)読みました。


たしか映画監督の大島渚さんだったと思うのですが、
影響を受けた文学作品を聞かれ、
カミュの『シーシュポスの神話』をあげていました。

山の上に岩を運ぶよう命じられるれど、
岩は大きすぎて頂上には載らずに転がり落ちてしまい、
何度やってもダメで、ずーっと同じことを
繰り返さなければならないってあの話。

なぜ生きるのかとか、何のためにとか、
っていう哲学チックな謎の答えは
人間には結局は見つけられない。
シーシュポスの運んだ岩が、
結局は転がっていっちゃうように。

頂上には載せられないってことも、
人生の答えが見つからないってことも、
わかっていながら、
ずーっと続けていくことが大切なんだと、
カミュの本から教えられたと、
(違ってるかもしれないけど)たぶん大島さんが
言ってました。

そう、わからないんですよね。
逆にわかっちゃったら、
面白くないのかもしれないっすね。

パズルでも、謎解きミステリーでも、
ああじゃないこうじゃないと
考えることが楽しいのであって、
結末がわかったときには
「なるほど!」なんて到達感みたいなのが
あるにはあるけれど、
それでおしまいだから楽しみもジエンドですからね。

で、この『鵼の碑』。

結末の謎解き部分の前までは非常に楽しく
わくわくで5つ星評価でした。
んで最後まで読んだら星が1つ減っちゃいました。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2023年12月21日木曜日

『天国までの百マイル』(浅田次郎)読みました。


前にもいったことある気がしますが
老眼で見えなくなっているけど、
想像して読んじゃうって話。

多くの方が経験する老化現象の例に漏れず、
ぼくも近くのものがぼやけて、
裸眼のままでは、
きちんと文字を判読できないんです。

仕事では間違っちゃいけないので、
プリントした校正紙なんかを確認するときには、
老眼鏡をかけて、くっきりはっきりさせ、
ときには虫眼鏡を使ったりもしているんですが、
普段の読書にはわずらわしくなって外してる。
寝床で読むときなんかは特に邪魔になるし。

あっ、ちなみにパソコン画面は
目の位置から離し、
比較的遠くに置いているから大丈夫。

距離が遠くなるぶん小さくて見えにくかったら
部分的に表示拡大させるから平気です。

そんで問題は手元の文字。ぼやけるといっても、
字の形がスカスカしてるひらがなとカタカナは
読めます。

綿埃みたいにモヤモヤっと見えちゃうのは
画数の多い漢字です。

でもそれって前後の文脈追ってると
なんとなくわかっちゃう。
そう、なんとなくの想像判読で
済ませちゃってるんです。ぼくの読書。
勘違いは多々ありますが。

で、この『天国までの百マイル』。

浅田次郎さんお得意の泣かせる場面で
涙が出てきて文字が滲んで見えちゃっても、
想像判読の技で切り抜けました。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2023年12月19日火曜日

『僧正殺人事件』(S・S・ヴァン・ダイン)読みました。


ストーリーを面白くつくる方法のひとつに、
ミスリードってやり方があるんだと
最近知りました。

本当は大社長が犯人なのに、
うっぷんを抱えた社員がやったかのような
エピソードを並べて、
読者を間違った方向につれてっちゃう
みたいなやり方。

こいつがやったに決まってんじゃん、
なんて考えつつ読み進めていくと、最後に探偵が
「犯人はお前だ」と大社長を指さす。

えっ、そうなの。
やあ、騙された、騙された。

ってのが面白いと。
そういえば今まで、そんな作品に
たくさんひっかかってきたけど、
それがつくり手側の道具箱の中にある
たくさんのツールの中の1つだとは
思ってませんでした。

何冊か小説のつくり方的な本を読んだはずなのに、
なぜかそのミスリードってのは載ってなかった。

いや、きっと載ってたのに
忘れてるだけなんでしょうけど。

そのツールを上手く使いこなせたら、
むふふってなるストーリーつくれるんだろうな。
やってみようかな。
いやその前に今日の仕事終わらそ。

で、この『僧正殺人事件』。

ヴァン・ダイン作品、初めて読みました。
見事にひっかかって嬉しかったです。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2023年12月14日木曜日

『トルコ怪獣記』(高野秀行)読みました。


もしかしたら勘違いかもしれませんが、
最近、本を読んでいる人が
多くなっているように感じます。

といっても、
通勤で使っているバス車内限定ですが。

なので、ぼくと同じ路線の地域に
たまたま本好きの人が多く引っ越してきたとか、
ぼくより先の停留所付近に、
どうしても本を読まなくちゃいけない人が
たくさん住むところができたとか、
(例えば複数出版社の合同社員寮。
 そんなものがあるかどうか知りませんが。
 それに、ほかに示せる例も思い浮かびませんが)
そういう偶発的な理由だとも考えられ
(実際に増えているかどかも不確かなので、
 理由うんぬんまで言及するのも憚れるけど)
世の中全体の傾向とはいいません。

いいませんが、
多くなっている気がします。

あ、本っていっても電子書籍じゃありません。
紙の本。それも、バスで読むので小さい文庫本です。

ぼくがその箱型集団移動装置に揺られているときは、
乗車して吊り革や手すりにつかまった瞬間、
もしくは運良く座席に腰掛けたコンマ2秒後に、
文庫本のページに目を落としているので、
ほかのお客さんの様子は
ほとんど眼中にはなかったんですが、
それでも、
ちょっと揺れが激しくなったタイミングなどで
文庫くんから目を離すと、1人や2人は、
ぼくと同じに片手でページを開いている。

少し前は、スマホだらけで、
紙の本は皆無だったような覚えがあるんだよなあ。

で、この『トルコ怪獣記』。

そんなふうにバスの中で読んだ本です。
面白かったです。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2023年12月12日火曜日

『サマー・アポカリプス』(笠井潔)読みました。


海外の翻訳物小説は、
登場人物の名前に馴染みがなく、
読んでる途中で誰が誰かわからなくなる、
ってなところから、
最近はあまり人気がないんだと聞きました。

まあ、
それ以外にも売れなくなってる理由は
いろいろがあるんでしょうが、
日本で暮らす一般読者は、
やっぱカタカナだけの連なり文字が
読みにくいのはわかります。

ぼくなんかは、
日本人名しか出てこない物語だって
「えっ、それって誰だっけ」
とつぶやかずに読み終えられるのは、
星新一さんのショートショート集ぐらいしか
思いつかないほどですもの。

昔、海外作品のあらすじを書く仕事があって、
そのとき5人ほどの名前が、
頭の中でてれこになってしまい、
結局1人ずつ自分なりのイメージで
似顔絵を描きその下に名前を記して、
そのメモ凝視しつつ、冷や汗かきかき、
こなしたこともありました。

で、この『サマー・アポカリプス』。

登場するのはほぼフランス人。
「誰だっけ」は連発しましたが、
それでも面白かったってことは、
結構な面白さだったんでしょう。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2023年12月7日木曜日

『檻』(北方謙三)読みました。


前回の『卒業生には向かない真実』で、
前2作はよかったのに、
この3作目はちょっと…
みたいなこと書いて、気になったから、

シリーズ1作目の
『自由研究には向かない殺人』を
読了リストで調べたら、
やっぱ、ぼくったら5つ星評価してました。

そうでしたそうでした。
主人公の明るくてブルドーザーみたいな
行動力がよかったんだ。

でもその明るさがだんだん消えてきて、
続く2作目は1つ減って4つ星になり、
3作目で本棚に残すのを迷う感じになった。

うーん、
ここまで書いたけど、なんか文脈が
ネガティブチックになってきたな…
なので、そんな話はやめましょう。

そうだ、
2023年に読んだ中で
5つ星をつけた作品を挙げることにしよう。

読んだ順(その1番がさっきの『自由研究〜』)に、
『流人道中記(下)』(浅田次郎)
『ムラブリ』(伊藤雄馬)
『数学する身体』(森田真生)
『異能機関(上)』(スティーヴン・キング)
『異能機関(下)』(スティーヴン・キング)
キング作品は1つにまとめてもよかったけど、まいいっしょ。

で、この『檻』。

年末になって5つ星作品追加できました。
実は、北方作品、今まで1冊も読んだことなかったんです。
これからハマるかな。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************