2020年9月25日金曜日

『四畳半タイムマシンブルース』(森見登美彦)読みました。


「ピストルが登場したら
 発射させなきゃいけない」
って聞いたことがあります。
それが物語をつくるときの
定石だって。
(例によって誰がどこで
 言った言葉なのか忘れてます)

例えば、
「彼女の部屋のベッドの下に
 ガムテープで貼り付けられた
 拳銃が隠してあった」
なんてエピソードが
お話の中に出てきたら、

その拳銃は、
後のストーリーの中で
使われなくちゃいけない。

見つけた彼氏が、
悪いやつに襲われている彼女を
救うとき使ってもいいし、

痴話喧嘩の末、
彼女が彼氏を撃っちゃう
ってんでもいいから、

とにかく、
ベッドに貼り付けられたまま、
お話が終わっちゃいけない
んだそうです。

伏線は回収しなさいって
ことでしょうか。

思わせぶりな小道具を出したら、
思わせぶりだけで
放置プレイしているのは、
読む人の精神衛生上よくないんでしょう。

でも、
物語をつむぐ人だって人間なんだから、
ついつい忘れちゃうこともあるはずです。
特に、はちゃめちゃで
やっほーと掛け声が出るほど
ノリノリのお話だったりしたら。

で、この『四畳半タイムマシンブルース』。

修理に出したリモコンは返って来たっけ。
なんて疑問は、読み返せばきっと
解決してるから忘れていいんです。
おもろいんだから。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年9月23日水曜日

『スキップ』(北村薫)読みました。


その頃はまだ
子どもたちは2歳か3歳で
保育園に行っていました。

かみさんのほうが朝早く
仕事に出なくちゃいけないので、
ぼくが二人の子どもを送っていく。

強化ママチャリで
前と後ろに幼児用座席をくっつけ、
今日はどっちが前だ後だと
キャーキャーいいつつ、
家から5分ほどの道のりを
ぎごぎご漕いでいきました。

そんときのぼくは、
保育園にいるほかの子どもたちに
なぜか好かれ、
会社に行かなきゃならないのに、
しばらく奴らの相手をし、

先生たちからの
「もっと遊んでいってくださいよ」
などという甘い言葉を後に、
家に帰り、チャリを置き、
会社に向かいました。

そのときはまだ
ランニング通勤もしておらず、
20分くらい電車に揺られて
到着するる場所に会社があった。
数人規模の編集プロダクションです。

仕事内容は、今とだいたい一緒。
つくっているモノは、
単行本や雑誌、企業の出している
プロモーション媒体とか。

原稿を書いて、
ライターさんや著者さんの
テキストを整えたり、
レイアウトしたり、
イラスト描いたり。

その頃はまだパソコンじゃなく、
ワープロで作業していたけど、
おおむね同じです。

帰りは結構遅くて
夜の10時前後でした。

というのが、
ぼくの25年前の日常。
そこから四半世紀たちました。
成長してないな。

で、この『スキップ』。

56歳のぼくの25年前は31歳。
その30代からスキップして、
いきなり今になったとしても、
まあ、たいしたことないでしょうね。
けど、やっぱ17歳からだと大変です。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年9月18日金曜日

『梅安最合傘 仕掛人・藤枝梅安(3)』(池波正太郎)読みました。


あの場面はとても泣けた
とかって書いて
その理由を述べていったり、

共感できない部分やツッコミどろを
ずらずらあげていったり、

ネタバレ何するものぞと
ストーリーを細かく記していったり

……なんてことをすれば、
ここに埋める文章も
もう少し素直な内容になるはずで、

しかも本の紹介(というか感想)
という土台のテーマがあるのだから、
ゼロからネタを考える必要もなく、
労力的にも省エネになり、
すらすら筆は進んで、

あっという間に空白は
埋まってしまうと思うんです。

でもね。
本の内容は、
ネットなんかを見れば
すぐに出てくるし、
面白かった、つまらなかった、
という感想もごまんと
あふれているだろうから、

そういうのとは
少しでも違う方向でやりたい的な
へそ曲がり精神で
長年やってきたので、
今更変えるのも
なんだなって思ってるんです。

で、この『梅安最合傘 仕掛人・藤枝梅安(3)』。

ということで今回も
内容に触れるの忘れちゃいました。
とにかく、次の4巻、早く読みたいです。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年9月16日水曜日

『地磁気逆転と「チバニアン」』(菅沼悠介)読みました。


物語を面白く感じさせる
効果的なツールに
《勘違い》があると、
何個か前に書いた気がします。
池波正太郎さんの
ときだったかな。

それはちょっと
マイナーっぽい要素なんだけど、
もっとメジャーに振れば、
《対立》があります。

個人的な喧嘩はもちろん、
コワモテの人たちの
団体同士の闘争だとか、
もっと大きくなって戦争も。

ひょっとすると、
そん中にはスポーツも
含んでいいかもしれません。

でも、髪の毛の先の方まで
臆病者のぼくは、
戦うのが嫌いなんです。
つーか、怖いのかな。

小説だから、頭の中で
「これはフィクションだぞ」
と言い聞かせても、
なんかゾワゾワ感が残っちゃう。

それでも、
対立が描かれているのに、
好きだと思うストーリーはありますよ。

この前読んで
びっくらこいた『三体』なんか、
宇宙人との対立ですし。

だけどね。
だけど、争いのない面白い話がいいな。

で、この『地磁気逆転と「チバニアン」』。

一般向けに自然科学を解説する
講談社の新書シリーズです。
もちろん小説じゃないノンフィクション。

だから、今まで知らなかった知識に
「へぇー」とうなずいて、
「そりゃ、面白い。興味深い」
と感心する本なんです、きっと。

《対立》を紹介しても、ぼく的には
内容は深まってはいきませんでした。
(対立が出てくるのは
 ほんのちょびっとなんですけどね)





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年9月14日月曜日

『花唄の頃へ くらまし屋稼業』(今村翔吾)読みました。


8冊前に書いた
『三体2 黒暗森林(上)』のとき、
読了したら、まずは
エクセルに書名や日付だけ
メモっておき、そのあとで、
仕事の合間を縫って
この文章をつくっていくと
いいました。

だからメモだけ先行して、
ここに書くのはだいぶ後に
なってしまうこともあると。

その『三体〜』のときには
7月28日に読み終わり、
もうじき1カ月に
なろうかという8月19日に書いて、
それでもまだ
7冊ぶん残っているから
どうしようって。

その残り7冊目に、
なんとかたどり着きました。

読み終えた日付を見ると、
8月20日。
それから約1ヶ月弱。

例年この時期は、
仕事がバタババするので、
本を読む時間が限られてきて、
ましてはその感想文
(感想になっていないのが
 ほとんどですが)
を記す隙間も
ほとんど見つけられず、
こんな事態になってしまいます。

それでも不思議と、
書かなくても読んだけの冊数は
溜まっているんですよね、
このところ。

で、この『花唄の頃へ くらまし屋稼業』。

読む時間は少なくなっているはずなのに、
読了本の数はそれなりに
積み上げっているときは、
あっという間に読めて
「まあ面白かったね、次っ」
ってのが続いているってことです。
この本みたいに。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年9月11日金曜日

『癒す心、治る力』(アンドルー・ワイル)読みました。


いつだったかは忘れましたが、
これから読む本の方向性について、
ここに書いた覚えがあります。

方向性なんて
難しそうな言葉を使っちゃいましたが、
まあ、どんなジャンルの本に
挑戦するのかってこと。

今まで読んできたのは、
何かしら興味があって
手にしたものだったけど
(仕事で読まなきゃいけない本でも、
 どこかに自分の好みは
 反映されていました)
そうじゃない本に
チャレンジするのも
いいんじゃないかと。

新聞の第1面下段に並ぶ
書籍広告の中から、
一番読みたくないと思うものを
選んでみるとか。

この人はどうも合わない、
言っていることがことごとく
ぼくの考えと反対だって人の
座右の書を買うとか。

そんなふうに
無理やりじゃないと
触れもしないような本を
読んで理解していくと、
視野はぐんと広がって、
誰もに尊敬される
立派な人になれるんじゃないかと
企んだんです。

でも、最初に書いたように、
そう思ったのがいつだった忘れるほど、
その戦略は
すっかり頭の中から抜けていました。

なぜ思い出したかというと、
ネットを見ていて画面の端に、
たまたまインド料理の
レシピ本の広告が出ていて
「あ、レシピ本って読んだことない」
と考えたからなのでした。

で、この『癒す心、治る力』。

この本の後半、
なんだかレシピ本のようでした。
(レシピ本読んだことないけど)
それもあって
上記を思い出したのでした。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年9月9日水曜日

『太宰治の辞書』(北村薫)読みました。


人の偉さは
年齢によって
決まるもんじゃない
のは知ってます。

バカボンのパパは41歳なのに、
はじめちゃんは
まだ赤ちゃんですから。

それでも実際の人と対面するとき、
上記バカボンの法則は
頭から飛んでしまい、
無条件で「年上だから偉い」と
感じてしまいます。

もちろん、
長幼の序っていうんでしょうか、
常識として
知らぬうちに身体に
しみついちゃっている
礼儀の習慣みたいなのも
あるんでしょうが、
そんな決まり事とは
違う次元のしばりが、
ぼくの中のどっかにあるようです。

そして性別も、ぼくにとっては
年齢と同様の効力を発揮します。

子どもは別にして
一般的に女性と呼ばれる人を
前にすると、もう脊髄反射的に、
この人は
「賢い」「偉い」「優れてる」
なんて思っちゃうんです。

だから女性に対し
紳士的に教え諭すような態度がとれる
男性はうらやましくて。

あっ、そうえいば、
高校時代の先生は
みんな女生徒に対して、
そういう接し方をしていたな。

で、この『太宰治の辞書』。

「円紫さんと私」シリーズ。
円紫さんは《私》に対し、
今言ったような紳士な接し方をします。
そんな人物を、よく書けるな
と思ったら、著者の北村さんは
昔、高校の先生をしていたらしいです。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年9月7日月曜日

『三体2 黒暗森林(下)』(劉慈欣)読みました。


ちょっと前、
新しく読む本のストックが乏しくなり、
積ん読本が品切れになったときに
備えておこうと、本棚の中から
「次に再読するならコレ」を
決めておくことに思いました。

そんなに大きな本棚が
あるわけじゃないけど、いや、
少ないスペースしかないからこそ、
前後2列になって
裏に隠れているのがわんさかある。

そんなのをひっぱり出しながら、
どれにしようかななんて
ニタニタしながら至福の選択時間を
過ごしていたんです。

そこで、ふと目に止まったのが、
全部揃えようと企みながら
最初の3巻くらいで
止まっていた山本周五郎全集。

すべて集めると
たしか30巻ほどになるヤツです。
そうでした。昔はよく読んでました。
周五郎さん。

知ったのは黒澤映画の
原作だったからじゃないかな。

すぐパッと思い浮かぶのは
『樅ノ木は残った』です。
(ふー、やっとこの題名にたどりついた。
 じつは今までの
 四百字詰め原稿用紙1枚分くらいの文章は
 このタイトルを出すための
 前振りだったんです。
 いきなりだと唐突かなぁって、
 読む人に配慮したつもりが、
 もう書き過ぎな気がしてきて、
 ここらで終わってもいいかと
 思えてきました。
 それだと枕だけの落語だな。
 だと怒られるので、もちょい)

物語の流れを
しっかり覚えているわけじゃないけど、
あの主人公は周りのみんなに
「自分は裏切り者である」
と誤解させることで、
おっきな良い行いをしたんですよね。
そんな人物、素敵だな。

で、この『三体2 黒暗森林(下)』。

そう考えると、このSFには周五郎節も入ってます。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年9月3日木曜日

『おくのほそ道(全)』(松尾芭蕉)読みました。


若かりし頃、
東京から北海道まで
クルマで旅行しました。

高速は使わずにほぼ一般道で、
地図とにらめっこしながらです。

スポーツタイプの乗用車なので
座席は狭く、そこにむりくり
5人がおしくらまんじゅう道中。

その途中で観光名所に
あちこち寄り道したんですが、
誰かが
「松島は日本三景って
 いわれてるから、きれいだぜ」
とのたまい、

風光明媚など解せるはずのない
むさい連中なのに、
「三景じゃあしかたねーな、
 サンキュー」
と天命を知るはずの歳を超えても
今なお口にしている
ダジャレとも呼べないセリフを
それぞれ吐きながら、
三景の一つに向かいました。

音量のつまみを
あと5回転くらい絞っても
十分聴こえるボリュームで
『翼の折れたエンジェル』
が流れる車内。

地図を見ていたナビ役が、
中村あゆみの歌声に負けじの大声で
「もう、ここらへんだぞ、
 いや通り過ぎちゃったかも」
とみんなに知らせました。

えっ、と窓外をキョロキョロして、
「ああ、たぶんあれだろうな」
とむくつけき5人は納得して、
海岸線をそのまま過ぎていきました。

「名物にうまいモノなし」
とはよくいうけれど、
風景も同じようなモノなのかね、
と思った若かりし頃でした。

で、この『おくのほそ道(全)』。

「松島や ああ松島や 松島や」は、
芭蕉さんの作品ではなかったんですね。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年9月1日火曜日

『朝霧』(北村薫)読みました。


出版関連の仕事をしたいと思って、
こっちの業界にきて
一番最初に入ったのは、
編集というよりも、
広告をとってくる営業の仕事を
やる会社でした。

その前にも
営業職は経験していたので、
橋渡し的にはいいかなと思って。

そこで、
誌面をつくるとかの作業を覚えて
(今のように全部パソコンで
 済んしまうのではなく、
 手書きで原稿用紙に書いて、
 レイアウトの指示書をつくって、
 版下屋さんに持って行って、
 あがってきたゲラに色指定とかして
 ……といった工程です)
その会社の次に
編集作業を本業にする会社に入りました。

その編集会社に入ってまずびっくりしたのは、
会社の外に出ていると、
仕事してないヤツみたいに見えること。

前までの営業職は逆で、
出払っているほど
仕事している感があった。

ずーっと会社にいて、
原稿書きとか校正作業とか
してるのが普通なんですね。
(今もだけど)

それともう1つ驚いた、
というか嬉しかったのは、
誌面のラフスケッチを描くのが
仕事になること。

それまで遊びで、
自主映画のチラシなんかをつくるとき、
落書きみたいにして
喜んでつくっていたものと
同じことをやって給料がもらえる。
今までやってたのって、
遊びじゃなく仕事なんだって思えた。

で、この『朝霧』。

主人公は女性だけど、
ずっぽり感情移入しちゃいました。
学生から出版社へ入って
そこで感じること。ぼくと同じでした。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年8月27日木曜日

『3652 伊坂幸太郎エッセイ集』(伊坂幸太郎)読みました。


たぶんスティーヴン・キングさんの
小説のつくり方を知ってから
だと思うんですが、
ストーリー作法には
大きく2つのやり方があるようだと
意識するようになってきました。

もちろん本は
面白ければそれでよくて、
読んでいる最中に、
「これ、どうやって
 つくっていったのかな」とか
「これが作者の
 一番伝えたかったテーマだな」
なんてことを
考えちゃうのはとっても野暮で、
そんな邪念は一切なしに
ガガーっとページを
めくっていけるのが理想だけれども、

そんなふうにできるのは、
やっぱりとんでもなく面白い作品で、
たいがいの本は、
頭の中であっちに寄り道、
こっちで居眠りしながらになっちゃう。

ほんで、もとに戻って2つのやり方。
1つは、
構成をみっちり練ってから
書き始める方法。
もう1つは、
構成なしに思いつくまま
物語っていく進め方。

キングさんは後者だそうです。
読者のぼくも、
これは練りすぎだと感じるものより、
思いつくまま系のほうが好きです。

で、この『3652 伊坂幸太郎エッセイ集』。

伊坂さんの作品は、
構成練り練りでつくっていると思ったけど、
どうやらそうではないようでした。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年8月25日火曜日

『胎児のはなし』(最相葉月/増崎英明)読みました。


読み終えた本のストックは
会社と家の2カ所に分散しています。

会社と通勤バス、
それに家の3つの場所で、
それぞれ違う本を楽しんで、
読み終えた場所に
置いておくってことです。
(通勤バスは
 帰りだけ使っているので、
 読了時は家になります)

そのうち会社は、
この感想文もどきの文章を
書くところなので、
読了本のうち、
まだ文章をつくっていないものと、
もう済んじゃったものがわかるように、
ちょっとだけ
保管エリアを変えています。

未文章モノは
机の横に置いているソデ机的低層棚、
済文章モノは
ちゃんとした本棚。
(このちゃんと本棚は、
 仕事の資料とかも置いてあるので、
 ここで紹介した本なんかを置く
 スペースには1マス分しか
 充てていません。
 そうしないとどんどん増殖して
 仕事ができなくなっちゃうので。
 んで、約1年ほどで、
 その1マス分はラッシュアワーの
 満員電車状態になるので、
 そうなるたび、
 ブックオフさんに持っていきます)

ソデ机的低層棚は本来、
本を置く場所ではなく、
事務用品なんかを
備えておくところですが、
文章を書くまでの
一時保存スペースなので、
通常は問題ありません。
書いちゃえば、
1マス本棚に移動できるのですから。

で、この『胎児のはなし』。

前回同様、
書くまでに20日以上の
期間がありました。
ホチキスをとるのに邪魔でした。
これでやっと1マス本棚に移せる。

あっ、また本の内容書くの忘れた。
ま、いいか。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年8月20日木曜日

『三体2 黒暗森林(上)』(劉慈欣)読みました。


前に言ったかもしれませんが、
ここに感想文もどきを書く前に、
とりあえず、
読了した本の書名や著者なんかの
情報だけはエクセル表に
メモっておきます。一緒に日付もね。

その日付、7月28日でした。

でも、
この文章を書いているのは、
今日、8月20日。

その20日超の期間は、
ずっと、読んんだままの
ほっぽらかし状態だったんです。

でも、
新しい本を読まなかったわけではなく、
ここに文章を書かなかっただけ。

だから、今、
同じような感想文なし読了本が、
8冊分もたまっているんです。

藤井太洋さんって作家さんは、
初期の作品をスマホで書いたと、
どっかで聞きましたが、
そんな技を持っていないぼくは、
仕事の合間を縫いながら、
パソコンで
ペコペコ書くほかありません。

なので、
仕事がドタバタするとどうしても、
後回しになっちゃうんです。

で、この『三体Ⅱ 黒暗森林(上)』。

さっき言った感想文なし読了本の中に、
この本の下巻も含まれています。
続きは、そっちの文章で。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年8月18日火曜日

『梅安蟻地獄 仕掛人・藤枝梅安(2)』(池波正太郎)読みました。


フェイスブックの思い出通知機能が
知らせてくれた2年前の
今日のつぶやきには、

「仕事がバタバタ状態で
 本が読めない、なんとかしてー」

って内容が表示されてました。
(というか、
 2年前のぼくが書きました)

ここ十数年、年間を通して
ほぼ同じような緩急のリズムで
仕事をさせてもらっているので、

カレンダー上では同じ日付になる
「過去の今日」は、
「現在の今日」と
ほぼ同レベルの負荷状況に
なっているのがほとんどです。

つまりバタバタ状態に
関連する過去のつぶやきは、
今つぶやきたいことをそのまま表している。

ところがぎっちょんちょん。

現在、バタバタ的には
去年とも2年前の8月とも
変わらないのですが、
読み終える本の数だけは、
それなりに積み上がってる。

本業を
いい加減にチャチャッと
終わらせてるわけじゃないですよ。
もちろん。

で、この『梅安蟻地獄 仕掛人・藤枝梅安(2)』。

冊数を読めちゃうときって、
どこかに池波正太郎さんの作品が
入っているようです。
面白いし、文字数も少ないから、
スラスラ読めちゃうんだな、これが。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年8月14日金曜日

『秋の花』(北村薫)読みました。


今、通勤バス車中で読んでいる
伊坂幸太郎さんのエッセイに、
自分の書く小説の中で
扱いたくないテーマ(というかネタ)が
あるといっていました。

だいぶ前に出た随筆なので
今は考え方が
変わっているかもしれませんが、

そこにあった避けたい題材は、
「恋愛」でした。

理由は、
恋愛は面白いに決まっているから。

その文章では小説を料理にたとえて、
恋愛は「肉」のようなモンだとしています。

「肉」を使えば
料理がおいしくなるのは当たり前で、
それを使わないメニューで
お客を唸らせるのが、
腕のいい料理人ではないか、と。

だとすれば、
おいしくなって当然の
恋愛ストーリーに頼らず、
あえてその素材を使わず、
小説をつくりあげていきたい、
らしいです。

ストイックですね……と、
少しちゃかしましたが、
ぼくも同じように
考えているネタがあります。

それは「人が死んじゃうこと」。
悲しい物語は、
大昔から人気があるようで
「泣かせる=いい話」みたいなトコ
あるじゃないですか。

その等式に当てはめる
一番簡単な方法は、
「人の死を話に盛り込む」
だと思うんです。

だから、
人死にが入っている小説なんかを読むと、
「ちょっと安易じゃない」
とか思っちゃったりします。

で、この『秋の花』。

お話の中で、人が死にます。
だけど「安易じゃない?」とは
カケラも思いませんでした。
ほんと、いいですわ、この本。
何をネタにしても、
すごい本はすごい。

修行不足を痛感しました。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************