2022年5月24日火曜日

『ビブリア古書堂の事件手帖3 〜扉子と虚ろな夢〜』(三上延)読みました。


いつも使っている本屋さんのサービスに、
登録した著者さんの新刊が出ると、
メールで知らせてくれるものがあります。

長い間、
そんな便利ツールがあるとは知らず、
書評とか広告なんかで
見逃したくない著者さんの
新刊情報がないかどうか、
注意深く見るようにしていたんです。

でも、
そのサービスを利用するようになってから、
気を緩めて書籍のお知らせ記事なんかを
読めるようになりました。

ちなみに登録している作家さんは、
藤井太洋/早瀬耕/原尞/今村翔吾/足立紳/
スティーヴン・キング/万城目学/
アンディ・ウィアー/アンソニー・ホロヴィッツ/
森見登美彦/浅田次郎/伊坂幸太郎/京極夏彦/
ローレンス・ブロック…と、もう一人。

ただ厄介なのは、
登録していない作家さんの情報も送られてくること。
たぶん購入履歴から
「あなたのお好みはたぶんこれ」
みたいに選択されてるんだろうけど、
数冊読んで、もうお腹いっぱいって
感じになった著者さんが
新刊出しますとか、漫画の原作になってます、
なんてのが送られてくる。

きっと、設定を変えると
送信しないようにできるとは思うんですが、
面倒でそのままになってます。
でも、そんなのがたくさん来ると、
欲しいと思う情報が埋もれちゃうんだよな。

で、この『ビブリア古書堂の事件手帖3〜扉子と虚ろな夢〜』。

さっき、もう一人って言った登録作家さんの本。
埋もれず、見つけ出すことができました。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年5月19日木曜日

『三人の悪党 きんぴか(1)』(浅田次郎)読みました。


好みは人それぞれで、何をいいと思うか、
どれが合わないと感じるかは
違っていて当然です。

だけど、みんなが「これグット!」
と言っている作品を、ぼくだけが
「そうかな、しっくりこないんだけど…」
と考えてしまうのは、ちょっぴり寂しくもあります。

へそ曲がりであることは
認識しているつもりなんですけどね。

まあ、それだから、
なんたら文学賞受賞作なんて
惹句に乗せられて読んでみた作品が、
「えーっ、なんでこれが?」となると、
次からは同じ著者さんのものには
手を出さなくなる。

多くの人が評価しているのに、
それとは違う印象を持ってしまった経験は、
何度も繰り返さないほうが精神衛生上いいから。

ですが、
ぼくのもう一つのチャームポイントである
軟弱な記憶力のお陰で、
好み不適合ボックスに入れたはずの著者さんの本でも、
何かの拍子に手に入れて、
ページをめくっちゃうことがしばしばなんです。

で、この『三人の悪党─きんぴか(1)』。

確か浅田さんの名前は
昔あのボックスに入れた気がします。
でもいつの間にか浅田本が
本棚の1列を占領してる。不思議です。



**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年5月17日火曜日

『人と数学のあいだ』(加藤文元ほか)読みました。

著作権法の第47条の7を引用します。

第30条の2第2項、第30条の3、第30条の4、第31条第1項(第1号に係る部分に限る。以下この条において同じ。)若しくは第3項後段、第32条、第33条第1項(同条第4項において準用する場合を含む。)、第33条の2第1項、第33条の3第1項若しくは第4項、第34条第1項、第35条第1項、第36条第1項、第37条、第37条の2(第2号を除く。以下この条において同じ。)、第39条第1項、第40条第1項若しくは第2項、第41条から第42条の2まで、第42条の3第2項、第46条、第47条第1項若しくは第3項、第47条の2、第47条の4又は第47条の5の規定により複製することができる著作物は、これらの規定の適用を受けて作成された複製物(第31条第1項若しくは第3項後段、第36条第1項又は第42条の規定に係る場合にあつては、映画の著作物の複製物(映画の著作物において複製されている著作物にあつては、当該映画の著作物の複製物を含む。以下この条において同じ。)を除く。)の譲渡により公衆に提供することができる。ただし、第30条の3、第31条第1項若しくは第3項後段、第33条の2第1項、第33条の1第1項若しくは第4項、第35条第1項、第37条第3項、第37条の2、第41条から第42条の2まで、第42条の3第2項、第47条第1項若しくは第3項、第47条の2、第47条の4若しくは第47条の5の規定の適用を受けて作成された著作物の複製物(第31条第1項若しくは第3項後段又は第42条の規定に係る場合にあつては、映画の著作物の複製物を除く。)を第30条の3、第31条第1項若しくは第3項後段、第33条の2第1項、第33条の3第1項若しくは第4項、第35条第1項、第37条第3項、第37条の2、第41条から第42条の2まで、第42条の3第2項、第47条第1項若しくは第3項、第47条の2、第47条の4若しくは第47条の5に定める目的以外の目的のために公衆に譲渡する場合又は第30条の4の規定の適用を受けて作成された著作物の複製物を当該著作物に表現された思想若しくは感情を自ら享受し若しくは他人に享受させる目的のために公衆に譲渡する場合は、この限りでない。

で、この『人と数学のあいだ』。

同様の条文を本の中で引用していて
「人間の読むものじゃないでしょ」
って感想を載せています。面白いです。



**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年5月12日木曜日

『したいとか、したくないとかの話じゃない』(足立紳)読みました。


いつからなんでしょうかね。
「がんばれー」って
言っちゃダメな雰囲気が出てきたのは。

少なくとも学生時代には
(もう30年以上昔になるけど)
誰彼かまわず、
「がんばれ!がんばれ!」って
声をかけていた気がします。

「がんばれ」を言われると、
プレッシャーがかかって
落ち込んじゃう人がいるからだと、
聞いたことがあるけど、よくは知りません。

よくはわからないけれども、
世の中でそういわれているなら、
流れに逆らうのもなんなので、
同じ意味の違う言葉で言い換えるか。

と、優柔不断なぼくは考え、
いつもお世話になっている
「連想類語辞典」ってサイトで
「がんばれ」を検索してみました。

このサイトは、
意味が似てる類語だけじゃなく、
なんとなくの関連語や
そこから連想される言葉なんかが、
これでもかってくらい
ごちゃーと表示されるので、
何かしら見つかるだろうと思ったんです。

ところがどっこい、
出てきたのはわずか数行。

先頭は「うんとこどっこい」でした。

「裂帛の気合」なんて
読み方さえわからないのもあって、
使えるのは「フレー」か「オーエス」
くらいかな。
やっぱ、応援したかったら
「がんばれ」でいいか。
他意はなく、純粋に応援したいだけなんで。

で、この『したいとか、したくないとかの話じゃない』。

読み終わってまず思ったのは、
「がんばれー!」でした。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年5月10日火曜日

『未踏の蒼穹』(ジェイムズ・P・ホーガン)読みました。


通常ぼくが並行読みしている本は3冊なのですが、
もっと突っ込んでみると、
もう1つ読み進めている本があった、
ということを前回の『記者ハンドブック』の
ところで言いました。

(昨日、その本の最新改訂第14版が
 発売されているのを知り、
 急いで本屋さんに行って仕入れてきました。
 前の13版は何年も前から使い込んでいるので
 表紙の文字が擦れて読めなくなっていたのですが、
 新しい金ピカの印刷を見ると、
 これを使って書く文章もうまくなるような気がします)

それをもっともっと突っ込んでみると、
3つのシチュエーションのうちの「会社の昼休み本」に、
ちょっとした違いがあったことを思い出しました。

ここには載せない本が1冊混じるんです。

正確に言うとそれは書籍じゃなく雑誌。
会社で定期購読しているパソコン本『Mac Fan』です。

送られてくるのが月末で、
そのとき読んでいる昼休み本が終わってから
読書サイクルに挟み込みます。

分厚い書籍を読み始めた直後に届いたりすると、
その月の中頃から雑誌に移ることもあり、
目につくところに置いているパソ本に、
なんか急かされているような気分になります。

で、この『未踏の蒼穹』。

昼休み本で、ちょうど月末に読み終わりました。
パソ本に急かされる時間もわすがで済みました。
ちょうどな感じの読後感です。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年4月28日木曜日

『記者ハンドブック 第13版』(共同通信社)読みました。


昼休み、バス車中、寝床で、
それぞれ違う3冊の本を読み進めていながら、
密かにもう1冊ちびちびとページをめくり、
周りに人がいなれば音読しつつ
こなしている本があります。
(前にも言いましたけど…)

その本は、
わずな隙間時間しか手に取らないので、
3日で1ページなど亀の歩みほども進まず、

よってストーリー性のあるものは、
それまでの話を忘れてしまうと思い、
1項目が短くまとまっているようなものを、
そのスキマ読書にあてています。

そのシチュエーションにピッタリなのが辞書。
ストーリーなぞ、あるはずはなく、
1項目も数行で終わりますから。

で、この『記者ハンドブック 第13版』。

そうやって読み終えた本でした。
まあ、一種の辞書です。
全部で700ページ超、
初めは読了できるとは思ってませんでした。
1年くらいかかってるんじゃないかな。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年4月26日火曜日

『イクサガミ 天』(今村翔吾)読みました。


ここに読書記録を
書くようになった十年ほどの前の頃、
読む本を仕入れるにあたって、
ちょっとした縁起担ぎをしてました。

全部の本が対象になるわけじゃなく、
シリーズ物や上下巻とかに
分冊されたものに関してです。

そういう本の場合は、
一気には買わない。

上巻と下巻の2冊だけでも、
まずは上巻だけ手に入れて、
下巻は1冊目を読み終えてから本屋さんに行く。

そのジンクスを破ると、
どういうわけだか、
あまり面白くない本になる
っていう都市伝説というか自己伝説でした。

何巻もシリーズで出ているやつは、なおのこと。
1つずつ順繰りに買って
読んで買って読んでを繰り返す。

どういうわけかぼくは、
一度読みかけた本は、
最初の1行を読む間に
あくびが10回出てしまうようなものでも、
最後のページまで目を通さないと、
むずむずして仕方がなくなる性癖があり、
一気に仕入れようが小出しに買おうが、
いずれにしても最終巻まで読み進めるんです。

だから縁起を担いでも、無視しても、
読む本の数は変わらない。
いつの間にかそれに気づいたのでしょう、
今ではすっかりその縁起担ぎも
忘れてしまったようです。

で、この『イクサガミ 天』。

どうやら続き物だった模様。
続編を買ってないのは
まだ発売されていないからなのでした。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年4月22日金曜日

『日輪の遺産』(浅田次郎)読みました。


ぼくが「おどろく」と書くときに
使う漢字は「驚」だけです。

というか、
恥ずかしながら他の字があるとは
知りませんでした。

ネットの漢和辞典サイトを調べてみると、
対応するフォントがないと文字化けしちゃう
(なのでここには表示できない)
6つを含め、全部で14個ありました。

ちなみに表示できる残りの8つは
「怛」「咢」「愕」「慫」「駭」「懼」「顫」「驚」。
へぇ、そうなんだと思って、
ネットじゃない手持ちの漢和辞典を見たら
(音訓索引で「おどろく」の項に入っているもの)
8つのうち「咢」「愕」「駭」「驚」「懼」の5つが
この順で並んでました。

そこでやめちゃうのも中途半端なので、
それぞれの漢字を単独で引いてみると、
おのおのにいくつか意味がのっていて、
その意味の一番はじめに
「おどろく」と書いて説明していたのは
「愕」「駭」「驚」の3つでした。

そうじゃなかった2つは、
「咢」が「大声で言い争う」、
「懼」が「おそれる」でした。

ここまで書いて、自分に
「だからどうした?」と聞いてみたけど、
答えは返って来ませんでした。

で、この『日輪の遺産』。

「おどろく」には「愕」の字を使っていました。
だからどうしたわけではありませんが、
とっても面白かったです。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年4月20日水曜日

『庶務省総務局KISS室 政策白書』(はやせこう)読みました。


標識や看板などに書かれた文字は、
「読むぞ」って意識しなくても、
目に入った途端、勝手に頭の中で読解されて、
意味がわかります。

毎日毎日、
日本語を使って暮らしているんだから、
好き嫌いに関係なく、
そんなスキルが身についてきます。

「止まれ」ってあれば、
走るんじゃないのはわかるし、
「味自慢!天ぷらそば」ってのぼりを見たとき、
新型スマホの特売はイメージしません。

でも、それがアルファベットだと、
一般的な日本の人は(というか少なくともぼくは)
そんなに瞬時には読解できません。

「PEACE」とプリントされたTシャツを見ても、
その意味まではたどれずに、
一種のデザインのように
脳みそを素通りしちゃいます。

でもそれがもし「平和」と書いてあったら違う。
意味が頭の中に押し寄せてきます。
(あ、関係ないけど、「COOL GUY」を
「冷奴」と訳したって小話思い出しました)

とまあ、そういうことで、
日頃親しんでいるものは、
すすすーっと頭の中に入り込んでいくんだけれども、
馴染みのないものは、理解するのにも時間がかかる。

薄馴染み難浸透の法則とでもいいましょうか。

そしてぼくの場合は、
長めの文章や物語なんかもその法則に従うようで、
自分の守備範囲の内容は即座に染み込み、
逆は一生懸命脳みそをぐるぐるさせる必要があります。

で、この『庶務省総務局KISS室 政策白書』。

即座染み込み半分、ぐるぐる半分の割合でした。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年4月14日木曜日

『戦争獣戦争(下)』(山田正紀)読みました。


二十代の頃だったと思います。
仕事の資料で読まなくちゃいけない本があり、
そもそも読むのが遅いぼくは
何日かかけてなんとか読了したんです。

でも、一緒のチームにいた仲間は、
同じ本をほんの2、3時間で読み終え、
その日のうちに次のまとめ作業に入っていた。

びっくらこいたぼくは、
「読むの早いねー」と賞賛しまくりました。

すると彼は
「いやいや斜め読みしただけだから、
 きちんと読み込んでない証拠だよ」と。

その頃のぼくは
「斜め読み」って言葉は知っていたけど、
そんなことが実際にできるとは
思っていませんでした。

だって、
斜めに読んだら何にも頭に入ってこない。
一つ一つの文言をじっと眺めて
意味を汲み取らないと
内容は爪の先ほども理解できなかったんです。

それから三十年ほど。
読む量も少し増えてきて、
いつの間にか斜め読みできるようになってました。

で、この『戦争獣戦争(下)』。

ごめんなさい。
ぼくの好みとは少し違っていたので、
斜め読みしちゃいました。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年4月12日火曜日

『慈悲深い死』(ローレンス・ブロック)読みました。


数年前、
池波正太郎さんの鬼平シリーズにはまり、
20冊以上ある文庫本をせっせせっせと仕入れて、
真夏にマラソンをしたあとで
蛇口から流れる水に口を開き
ごくごくと飲み下すように
むさぼり読んだ覚えがあります。

それと
山田風太郎さんの忍者シリーズも同じように、
本屋さんの棚で見つけるたびに抜いて、
にやにやしながらレジに持って行ってました。

それらのラインナップは、今も自宅の本棚に
かなりのスペースを占め鎮座しています。

どっちも、もう作者は亡くなっていて、
最初の刊行からは何年もたっているにもかかわらず、
それほど苦労しないで新刊書店で入手できた。

ロングセラーっていいですね。

でも、へそ曲がりのぼくが気に入ってはまる本は、
みんなが長いこと読み継いでいるような
ものばかりではありません。

鬼平や忍者シリーズみたいな
やつのほうがめずらしい。

そういえば、
木枯し紋次郎シリーズもはまったけど、
文庫で十数冊出てるはずなのに
半分くらいしか売ってなくて、
そのままになってるんだよな。

そんな中で、最近見つけたのが、
ブックオフのサービスでした。
お金が作者に戻っていかない古本は、
なんとなく後ろめたくて、
あまり利用していなかったんですが、
普通の本屋さんにないんだから仕方ないです。

欲しい本が入荷したら
メールで知らせてくれるってツールを使い、
あれよあれよの間に、
読みたい本が揃っていきます。

で、この『慈悲深い死』。

今のマイブームであるブロックさんの本です。
ツールのおかげで入手。よかったです。
このアル中探偵シリーズは
コンプリート(2冊は積ん読棚で待機)。
あとは泥棒シリーズを1冊残すのみです。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年4月7日木曜日

『ぼくはテクノロジーを使わずに生きることにした』(マーク・ボイル)読みました。


スマホもインターネットも
パソコンもなかった高校時代。
男女交際の定番ツールといえば交換日記でした。

ぼくもやってました。

書いた内容は覚えていないけど、
シャーペンでかりかりかり文字を埋めてました。

その頃は、いい文章に仕上げようとか、
しゃれた言い回しをしようとか、
哲学的論考をまとめ上げよう
なんて考えはまったくなく、

思いつくまま指が動くまま、
息をするのも忘れてるんじゃないか
ってくらいの勢いでミミズののたくり文字を
並べていった気がします。

確か2〜3日交代で互いに書いていたんですが、
1ページほど丸い女の子文字が
したためられて返ってくるノートに、
ぼくは10ページくらい
判読不能なぐちゃぐちゃ文字を記してました。

思えば、そのときに、
自分は文章をつくるのが好きで得意で
人よりも速く書け、これを生かした職業につけば
大成間違いなしなどと勘違いしてしまったから、
今のぼくがあるのかもしれません。

あの頃は、頭で考えるよりも前に、
ノートの上の文章が出来上がるような
気がしたもんです。

で、この『ぼくはテクノロジーを使わずに生きることにした』。

著者さんは、テクノロジーじゃなく鉛筆で、
もとの原稿を書いたそうです。
だから書くスピードが遅かったと。

ぼくはパソコンのテクノロジーを使っても、
青春時代の速さには追いつけてないようです。
ちなみに交換日記の相手は、
今、毎日お弁当をつくってくれています。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年4月5日火曜日

『マルタの鷹』(ダシール・ハメット)読みました。


ほとんどの映画やドラマの脚本では、
登場人物の心の声は書かれません。
直接的な心理描写はあまり出てこない。

ときにはナレーションなんかを使って
説明したりするけど、
どこか興醒めしちゃうので
多用はされないみたいです。

あくまでセリフと行動だけで、話が進む。

本当は好きだと思ってる人が
「お前なんか嫌いだ」というセリフを言う。
脚本のその部分だけを読むと、
好きかどうかはわからない。

でも、物語の全体でわかってもらうように描く。

その一方で小説は、
びしばしと心理描写が入ってきます。
むしろ心の声オンリーともいえそうな作品だってある。

あ、漫画にも心の声ありますね。
通常の円形吹き出しじゃなく、雲の形になったやつ。
あれは、心の声っすよね。
心理描写って、
小説や漫画だから使える便利ツールなのかな。

で、この『マルタの鷹』。

便利ツールに一切頼らず、
こんなにも読ませてくれる本って素敵です。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年3月31日木曜日

『1ドル銀貨の遺言』(ローレンス・ブロック)読みました。


積み上がった読了本を
やっとこさでやっつけることができ、
今回は読み終えた翌日に
これを書けています。
プレッシャーがなくなって
よかった、よかった。

前回までの10冊溜めてしまった状況は
自分史上初でした。
それがなんと今回もまた、
新たな初記録になってるのに気づきました。

1月と2月の読書数です。

例年2月は、あやれこれやが立て込む時期で、
そいつらが本を読む時間を圧迫してくれるので、
冊数が減っていた。

1月にたくさん読めて
「おお今年は充実するかも」とニヤニヤしても、
月が変わると即座に期待は砕かれる。

だからこれまでは
「1月>2月」の法則が常に成り立っていたんです。

ところがどっこい今回は
1月=8冊で2月=9冊と逆転してます。
ひどいときには10冊と4冊なんてときもあったのに。

思い返して分析すると、
1月の終わりにあと十数ページで読み終えるのが2冊あり、
2月に入ってすぐその2つがカウントされたからなのでした。
以上、どうでもいい報告でした。

で、この『1ドル銀貨の遺言』。

まあまあ楽しめました。
ブロックさんもあと数冊で制覇。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2022年3月29日火曜日

『戦争獣戦争(上)』(山田正紀)読みました。


ここに疑似感想文をつくらずに、
読み終えた本を積み上げたままにして
溜めた9冊プラス1冊分の処理作業。

やっとゴールです。

スムーズに書き進められるよう、
「ぼくの1日」という
続き物のネタで通すことを思いつき、
やってみたものの、
最終1個手前の前回で到達したのは、

起床しトイレに行き、
寝室に戻って窓とカーテンを開けるまで。

よって残したこの1回分で
「1日」の終わりまで紹介するのは
到底無理です。

その言い訳するだけで、
もうこんなに書いちゃったし。

なので、
連載物は今回で一旦中断するとして、
いつか溜め本が10冊以上の記録に届いたとき、
再開するとしましょう。

そのときは、
これまで綴った内容は忘れているだろうから、
再度起床から始めるとして。

つーことで、
窓を開けてベッド脇に立ったぼくは、
くしゃくしゃ姿の枕と布団を床に落とします。

すると剥き出しのシーツが現れるので、
そこに表現されているシワシワを伸ばす。
世にいうベッドメーキングですね。

ピンってなったシーツの上に、
ピンとなるように叩いた枕を乗せ、
ピンとおっぴろげた布団をかける。
……そこまでにしときます。

で、この『戦争獣戦争(上)』。

なかなか話が進まず、
「ぼくの1日」を思い出しました。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************