2021年2月26日金曜日

『北の夕鶴2/3の殺人』(島田荘司)読みました。


〈あまり計画は立てないようにしている。
 自分とは別に、人生は人生なりの計画を
 用意しているらしいから。
 自分が望んでつくった計画と、
 彼が何らかのお導きに従って敷いていくレールとが
 重なることはめったにない。
 ぼくの計画が採用される確率は1割もなく、
 百点満点のテストなら2点くらい。
 名前さえ書けたら、出席点としてもらえる
 おまけみたいなものだ。
 なら、名前も書かずに白紙で
 身を任せるほうがいいと思って〉

……どっかで読んだフレーズを
引用しようと思って、
冒頭の「あまり計画は〜」の1文だけ書いたら、
もとの文章をまったく覚えていないのに気付いて、
そのあと、なんとかと意味をつなげようとしたら、
長々となっちゃいました。

そもそも、
誰がどこで書いた文章なのかも覚えてないのに、
引用なんかできるわけないっすよね。

つまりはまあ、
やりたいと思ってもままならないのが人生で、
そんならあんまり「やりたい」なんて考えないで、
時の流れに身を任せれば、
精神衛生上いいんじゃないかと、
そんなことをいっていたんです。
誰がどこに書いたか忘れちゃっている
ぼくが引用したかった文章って。

あらら、
そんなことくどくどと打ち込んでいったら、
こんなに文字が埋まっちゃいました。
だから、いいね、今回はこの辺で。

で、この『北の夕鶴2/3の殺人』。

ふむふむ。面白かったです。
でも、上に書いた内容と、
本の内容はまったく関係ありません。
自分の計画と人生の計画が、
あまり関係していないのと同じように。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2021年2月16日火曜日

『俺はエージェント』(大沢在昌)読みました。


読み終えたのは2月4日。
んで、これを書いているのは2月16日。
読了日から2週間弱過ぎちゃってます。

もともと
人様に劣る記憶力しか持たない上に、
加齢の影響もずんずん積み重なっている状況で、

約2週間ってのは、
記憶耐久環境にとって永遠にも等しいスパンなので、

いくら脳みそをワクチンのまねして
マイナス75℃で保存しようが(してないけど)、
読み終えた物語の内容を覚えていろってほうが
土台ムリだろうと思いきや、

いやいや頭の中には結構残っていたんです。
自分でも驚きです。

なんやかんやが重なって、
書かなきゃと気にしながらも、
放置して、放置しちゃうと、また気になって、
そんなのを繰り返していたら、
お話の内容が頭中離脱することなく、
こびりついて残っちゃったようです。

で、この『俺はエージェント』。

ま、面白かったってことも、
忘れないでいられた1つの理由です。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2021年2月5日金曜日

『改訂完全版 斜め屋敷の犯罪』(島田荘司)読みました。


何かの拍子にその作家さんの作品にはまり
マイブームがもたらされることがあります。

何年か前にあったのは山田風太郎さん。
そんときは確か
角川文庫で20冊か30冊くらいの
傑作選シリーズみたいのが出ていたから、
それを順繰りに入手して、
ごくごくと読み進めていきました。

そのマイブーム対象作家が、
現役の作家さんだったら、新刊が出るたびに
飛びついていけばいいんですが、
山田さんはもう亡くなっている方だから
そうもいきません。

なので、
既刊シリーズの順番読みをしていました。
でもそれが箱に入ったような
全集本だったら敬遠していたな。
あれ、読むのに重いですから。

んでもし、
そんな文庫の傑作選シリーズ系をみつけられない
マイブーム作家が出現したときには、
ネットなんかに
オススメランキングとかが出ているので、
それを参考に人気順で
こなしていくことになるようです。

で、この『斜め屋敷の犯罪』。

ネットの島田さんのランキングをもとに選出。
確か5位以内だったと思います。
面白かったけど、
このあとだんだんランキングが下がっても
マイブームが継続されるか、ちと不安。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2021年2月2日火曜日

『たかが殺人じゃないか』(辻真先)読みました。


昨年亡くなった大林宣彦監督の生前に
雑誌か何かの取材で
インタビューしたことがあります。
もう20年以上昔のことですけど。

聞かせてくれたお話の中で
今でもよく覚えているのが、
黒澤明監督のエピソードです。

大林さんは、黒澤作品『夢』の
メイキングビデオを撮っていて、
撮影中の黒澤監督に
べったり張り付いていたそうです。

本番を、何度も何度も繰り返し、
思うようなカットが撮れないでいるとき、
黒澤監督は現場の隅っこのほうにしゃがみこんで、
いじけた少年のように
地面の乾いた土をいじくっていたといいます。

近くにいた大林さんに気づくと、
小さくかぼそい声で
「大林くん、うまく撮れないんだよ」と
土を指でじゃりじゃりしながら言ったとか。

そんな巨匠の一面を教えてくれたあとで、
大林さんは
「作品の出来がいいとか悪いとか、
 もうそんなことは関係なく、
 80歳で映画をつくり上げるという偉大さに、
 ぼくは感動したんだよ」
と話してくれました。

そういえば大林さんも
傘寿を過ぎて作品を仕上げていましたね。
リスペクト。

で、この『たかが殺人じゃないか』。

あちこちで
「御年88歳のミステリ界のレジェンド」と
紹介されてる著者さん。
ホントにその年齢だけで、尊敬できちゃいます。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2021年1月29日金曜日

『ロックンロール・トーキョー』(木下半太)読みました。


昔、友だちから、
自作の小説ができたので
読んで感想を聞かせてくれないかと
言われたことがありました。

(この話、前にもどっかで
 紹介した気がするのですが、
 いつどこで書いたのか、
 細かいとこがまったく思い出せないので、
 まあいいかと書いちゃいます。
 もしかしたらそんな気がするだけで、
 どこにも誰にも言ってないかもしれないし)

それほど長い物語ではなかったし、
文章も読みやすかったので、
その日のうちに読み終えて、
次に会ったときコメントしてあげました。

内容はそこそこ面白くて、
たまに出くわす「これ売ってちゃダメでしょ」と
言葉がもれちゃうような作品と比べれば、
まったく「売っても問題なし」な作品でした。

でもその中の一部分だけ、
設定もセリフも心情描写もなんだか嘘っぽくて
「これだったらお金出して買った本だとしても、
 みんな満足して楽しめると思うよ。
 ただ、あの場面だけは少し直したほうがいいかも。
 ほかはリアリティ十分だけど、
 あそこだけ作り物って感じがした」
と言ったんです。

すると友だちは驚いた顔で
「ほかは全部想像で書いたんだけど、
 あそこだけ実話なんだよね」と。

で、この『ロックンロール・トーキョー』。

どうやらほとんど実話の物語らしいです。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2021年1月26日火曜日

『ローレンス・ブロックのベストセラー作家入門』(ローレンス・ブロック)読みました。


去年の12月29日は仕事納めの日でした。
実質的には28日までに
あれやこれやの雑用を片づけて
29日は午前中に事務所の掃除をして、
そのあと毎年恒例にしている忘年会は
流行り病を恐れてやらず、
そのまま「よいお年を」と挨拶して
2020年は締める。

と、その予定は事前にわかっていたから、
そんじゃ午後は時間が空くなと思い、
掃除→ジム→本屋へ買い出し→帰宅
という段取りを頭の中で組んでいたんです。

ほんでまあ、そんな目論見を立てると、
必ず予期しない何かがあって、
目論見はぐちゃぐちゃになるというのが
ぼくの人生の特徴です。

このときも例に漏れず、
前日に家の用事ができて、
帰宅時間を早めなくてはいけなくなりました。
人生の特徴なので仕方ありません。

そうするとジムと本屋の
どちらかをあきらめざるをえない。

きっと年末年始の約一週間は何も運動しないので、
この日にジムに行かないってことは、
かなり身体がだるだるになる。

本屋はいつも行く会社の近くではなく、
ネットで調べ倒してようやく在庫が見つかった
渋谷の書店なので、電車を乗り継いで
スマホの地図ナビ片手に迷いつつ
たどり着かなきゃいけないから、ちょい面倒。
でも行かないと売れちゃうかも。
ってことで、どっちを選択すべきか悩みました。

で、この『ローレンス・ブロックのベストセラー作家入門』。

悩んだ末に、書店行きをとり、
手に入れたのがこの本です。
おかげで正月明けは身体がだるだるになりました。





**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2021年1月22日金曜日

『償いの報酬』(ローレンス・ブロック)読みました。


セリフがいいなあ……。
ということで、セリフの思い出。

昔々自分で脚本書いて
自主映画撮っていたときも、
映画学校の宿題で書かされたホンも、
そして今も、
ぼくがペコペコつづるセリフは
我ながらへたくそだと思えてなりません。

とはいえ、そんなぼくでも一度だけ
「うん、これじゃん!」と
こぶしを握りしめるような満足な一言が
出てきたことがあったんです。

たしか映画学校の卒業製作の脚本を
みんなで検討しているときでした。

もう何時間も
お代わりコーヒーだけで居座っていて
もうじき朝日が昇る頃のファミレスです。

それは女のセリフ。彼女はだらしない男
(生活力はないんだけれど彼女にはとっても優しい)
と同棲してて、でももう愛想を尽かし
部屋を出ていこうとする。そのとき何か言わせたい。

テーブル席で雁首そろえてぼくらは、
うなり、うなり、うなっていったのに、
出てくるのはありきたりの言葉だけ。

「バカ!」とか「もう嫌!」とか、
そのまま「出てく!」とか。

そんときトイレから戻ったヤツが
席についたと思ったら、ぼそっと
「〝そんなに好きじゃないくせに!〟は、どう?」
と言った。それ聞いた瞬間、みんなが一斉に

「それじゃん!」 と叫んだのでした。

あ、よく思い出したら、
ぼくが考えたセリフじゃありませんでした。
ま、いいか。

で、この『償いの報酬』。

セリフがいいです。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2021年1月20日水曜日

『手の倫理』(伊藤亜紗)読みました。


小説を読むとき、
というか読む小説を選ぶときは
たいてい著者さんを基準にしています。

一度体験した著者さんの世界観が気に入って、
もう一回入り込みたいと思うんでしょうね。

評判とか内容なんかだけを参考にするときも、
小説であれば著者名はおさえておく。

だから友だちとかが本を読んでいるとすぐ
「誰の本?」って聞いちゃうんです。

すると、表紙をめくって
「えーっと、この人……
 なんて読むのかわからないけど」
なんて言われることがあると、びっくりする。

いや、昔はびっくりしたけど、
そういうのをたびたび経験してから、
びっくりはしなくなって、
そんなもんなんだと思うようになった。

ぼくだって、小説じゃなくノウハウ本とか
ビジネス書とかノンフィクションものなんかは、
どっかに紹介されている内容だけで選んで、
5つ星つけちゃうくらい印象に残ったやつでも、
著者名は覚えてないのが普通なんですから。
人のことは言えません。

で、この『手の倫理』。

たしか新聞の書評で紹介されていて、
そんな内容ならぼくの好みにはまるかも
と思って読みました。
そんで狙い通りはまりました。

でも、小説じゃないんで、
著者さんのことは気にしていなかった。
と、何気にプロフィールを見ると、
なんと前に5つ星つけた
『目の見えない人は世界をどう見ているのか』
を書いた方じゃありませんか。
なるほど、はまるはずだ。

なので、今回はお名前を脳みそに刻みました。
次回は著者名で選ばせていただきます。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2021年1月15日金曜日

『異邦の騎士 改訂完全版』(島田荘司)読みました。


いつもは出典が思い出せず
「昔読んだ小説にこんな話がありました
(作者もタイトルも忘れてます。ごめんなさい)」
なんて書いて先に進めるんですが、

今回は手間を惜しまず、
検索かけてから書いてます。

ということで出典は、伊坂幸太郎さんの
『アヒルと鴨のコインロッカー』です。

作者はなんとなく覚えていたので
「自転車蹴飛ばす 伊坂幸太郎」
ってキーワードでググったらすぐ出てきました。
ネットってすごっ。

ぼくの記憶にあったのは、
街にとめてある自転車を次から次へと蹴飛ばして
歩道と車道の間にある
植え込みのほうへ倒していくヤツの場面。

主人公がそれを見かけ、
あいつは頭がおかしいから近づくのはやめようと思う。

でも、ヤツの行動は、単に乱暴者だからとか、
むしゃくしゃしたからだとかじゃなく、
自転車が目の不自由な人のためにある
点字ブロックの上に置かれていて
それをどけるためだったと後でわかる。
主人公はその後なんやかんやで
ヤツとつるんでいくんです。

で、この『異邦の騎士 完全改訂版』。

今ぼくは結構、島田荘司さんの作品につるんでいます。
この本もつるみ具合を深める作用を及ぼしました。
でも、もしこの作品が入り口だったら、
もうちょい離れていたかな。
自転車蹴飛ばし場面だけを見て
理由を考えずヤツを判断したような感じで。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2021年1月13日水曜日

『眠れる美女たち(下)』(スティーヴン・キング/オーウェン・キング)読みました。


前回、
呪いのビデオを見ただけでなぜ呪われちゃうのか、
その論理的根拠というか、科学的な裏づけというか、
こじつけ的けむ巻き詭弁というか、
まあそんな背景説明を、重箱の隅のすきまが
1ミクロンもないように埋めていって文章で表せば、
読者は納得して摩訶不思議な世界でも
すんなり入っていける、みたいなことといいました。

でもそれを書いたあと、
本当にそうかいなと、疑問がわいてきて、
いろんなお話を思い返してみたんですわ。

現実にはあり得ない
ファンタジックなストーリーっていえば、
ぱっと浮かぶのは昔話なわけで、

桃太郎も、かぐや姫も、花咲か爺さんも、
桃や竹から人間が誕生する科学的根拠や、
桃の中でどう呼吸をしているか
もしくはへその緒的な生命維持システムが
あるのかどうか、

竹が内部から光を発するために使われているのは
省エネに配慮したLEDなのか
それとも昔だから油に灯した火なのか、
だとしたら内包されていた姫は
ちゃんと耐火防護服を着用していたのか、

花咲か爺さんの灰はうちで枯らしてしまった
観葉植物も元気にしてくれるのか

などの説明はまったくなしに、
お話が展開していくのに、
それでもみんなそんなところには目をつぶって、
昔々から語り継がれてる、
いわばロングセラーなんですわ、それらは。

で、この『眠れる美女たち(下)』。

やっぱ、不思議現象の説明はありませんでした。
それでいいんです。面白いから。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2021年1月7日木曜日

『眠れる美女たち(上)』(スティーヴン・キング/オーウェン・キング)読みました。


あのとっても怖い「リング」シリーズの
著者・鈴木光司さんが昔、
とにかくできるだけ細かく説明すれば、
どんな荒唐無稽な設定でも
リアリティが出てくるって言ってました。
(と記憶しています。たぶん)

呪いのビデオを見た人が、
呪いウイルスに感染するなんて、
まぁあり得ないけど、

それがあり得るかもしれないって思わせる
こじつけを根掘り葉掘り詳細に徹底的に
書き込んでいけば、

うんうん、もしかしたらあるかもしれないと、
とりあえずフィクションの世界として
納得させられる。

そうなりゃ読者はわくわくドキドキで
作品にのめる込んでいける。

確か3作目では、その呪いウイルスが
コンピュータウイルスになっちゃうんじゃ
なかったでしたっけ。
(あ、もう一回読み直してみよっと)

で、この『眠れる美女たち(上)』。

まだ上巻だけなので、もしかしたら
下巻で言及されるかもしれませんが、
あり得ない不思議な現象についての説明は
まったくありません。
でも、周辺の人たちの描写は徹底的に細かいです。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2021年1月5日火曜日

『梅安冬時雨 仕掛け人・藤枝梅安(7)』(池波正太郎)読みました。


フリーで仕事を始めたときの二十数年前にはもう
原稿用紙に鉛筆ではなかったので、
パソコンとのつきあいは
結構な長さになります。

いつしか数えるのも忘れて、
今が何台目になるかもはっきりしませんが、
それでもマシンを新しくするたびに
データをバックアップから保存し直したり、
タイムマシンとかいう機能を使って
自動で取り込んだりして、
昔の原稿なんかも奥の方に残っています。

今では開けるソフトもなく
中身は見られないのにアイコンはあり、
ハードディスクの容量だけくっているのもあります。

そういうのは思い切って断捨離すればいんですけど、
なにしろ表面的には見えない
奥の方に保存してあるので
ついついそのままになってしまいます。

それでもこの前、何かの拍子に
昔のデータにアクセスしてしまったことがあり
(テキストデータだったので開けました)
それが1ミリも記憶にない書きかけの小説でした。

このパソコンには、きっと
あちこちに書きかけ作品が残っているのでしょう。

で、この『梅安冬時雨 仕掛け人・藤枝梅安(7)』。

作者逝去のため絶筆でした。
ぼくのものぐさとはまったくレベルの違う
書きかけの作品です。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年12月24日木曜日

『銀河ヒッチハイク・ガイド』(ダグラス・アダムス)読みました。


映画学校時代の友だちTくんは、
(今どうしているかな…)
1999年に人類が滅びるという
ノストラダムスの大予言を信じていました。

卒業して何年かたった20代半ば頃、
何かで彼に会ったとき
「その年には35才になるけど、
 どうせそこで全部終わるんだから、
 我慢して嫌なことをしなきゃならないのはNGで
 だから定職にはつかず、好き勝手なことするんだ。
 それで、もし人類が滅亡しなかったら、
 そんとき人生を考え直せばいい。
 それでも遅くないいよ」
と言って、
短期のアルバイトなんかでくいなぎながら、
面白おかしく青春を謳歌していたようです。
(今どうしているかな…)

ぼくはそこまで割り切った考え方を
できなかったのですが、
そもそも臆病なので、
世紀末には何らかのビビリを感じていました。
(何もなくてよかった)

それと同じように
今から15年前の厄年が迫っていた頃も、
何かあるぞ、嫌だ嫌だと
日夜びくびくしていたものです。
少し前の誕生日に57才になったので、
15年前は42才で大厄だったんです。

でも、今思い返してみると、
とくに何があったわけじゃなく、
ヤダやだと不安だったことが
精神衛生上よくなかっただけかな。

「1999」も「42」も、少なくともぼくには
特別な意味は何もなかったようです。

で、この『銀河ヒッチハイク・ガイド』。

この本では「42」が特別な意味がありました。
いや、ないのか。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年12月22日火曜日

『この本を盗む者は』(深緑野分)読みました。


パソコンの辞書によると
ジェネレーションギャップってのは
「世代の違いから生じる、価値観の相違。
 世代間のずれ。」だそうです。

それ見たとき、なぜに「世代の違い」から
「価値観の相違」が生じるんだろうって
考えちゃいました。

もっとほかに考えなきゃいけないことは
たくさんあるのに、
たまたま引いた辞書の言葉に
突っ込まなくてもいいんじゃね、ぼく。
とは思ったんですが、
考えて出てきた答えが、
そのままにされるのもかわいそうなので、
ここに書いときます。

大した答えじゃないから余計に
どっかに残しておかないと
浮かばれない気がして。

つまりはまあ、
世代ごとに育つ環境が違うってことですね。

世の中はいつも流行りすたりがあり、
こぶしを効かせた演歌全盛期に育った世代が
ヨーヨーヨーと繰り返す
アップテンポのラップに馴染めなかったり、

働き方改革の中を生きた若者が
家庭を顧みず猪突猛進に仕事する
おじさんに違和感を感じたりと。

するとですよ、
そのなんやらギャップの要因は
ひとえに環境ですわ。

もし演歌世代の人が
ラップを聞き続けたらラッパーなるだろうし、
ゆとりの若者も高度成長期に生きていたら、
モーレツ社員になる。

で、この『この本を盗む者は』。

この物語がずしんとこなかったのは
きっとジェネギャプのせいでしょう。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************

2020年12月17日木曜日

『さざなみのよる』(木皿泉)読みました。


人は、どんな時に泣くのか考えてみると、
大きく2つに分類できるような気がします。

1つは、悲しみとか苦しみとか痛みとか、
「受け入れるのがイヤだー」ってとき。

とっても大好きなあの子に振られて
別れなきゃいけないときとか、

子どもが駄々こねて「買ってー」と泣くのも、
おもちゃが手に入らない状態を
受け入れられないからでしょう。

そしてもう1つは、嬉しすぎるとき。

みんなで一生懸命
地獄の苦しみに耐えながら練習して
大会で優勝したときとか、
自分では精一杯勉強してきたと思うんだけど
やはり志望校はレベルが高かったと
腹をくくって臨んだ合格発表の掲示板に
自分の番号が記載されていたときとか。
(今はメールでのお知らせなんですかね)

その嬉しい場合は、受け入れられないはずはなく、
どうしょうもなく受け入れたいわけですよね。
まるきり反対のシチュエーションですわ。

とすると、とっても悲しくつらい状況にあり
泣くのを堪えているとき、
「元気だして大丈夫だよ」とか優しい声を掛けられて、
泣いちゃうのってどっちになるんでしょう。
優しさをどうしょうもなく
受け入れたいってことなのかな。

で、この『さざなみのよる』。

帯に「書店員が選ぶ泣ける本 第1位」
って書いてありました。
うん、確かに泣けました。
どっちの泣きなんだろう。別種かな。




**********************
当ブログ執筆担当・きくちが書いた本はこちら
**********************